plank blank 2nd
数学者のザッカリー・ハリスのもとに奇妙なメールが届いたのは昨年12月のことだった。グーグルの採用担当者を名乗る送り手からのメールは、ハリスにグーグルでサイト信頼性エンジニア(site-reliability engineer)として働くつもりがないかを訊ねるものだった。

「あなたはLinuxやプログラミングへの情熱を持っているようですね。グーグルでの仕事に就いてみようという気はありませんか?」とこのEメールには書かれていた。

ハリス氏は好奇心をそそられたが、このメールが本当にグーグルから来たものかどうかを疑わしく思った。突然舞い込んだメールだったし、グーグルが提示したポジションをこなす人材として、数学者の彼が理想的だとも思えなかったからだ。

そこで、ハリス氏はこのメールがグーグルの担当者になりすました詐欺師によるものではないかと疑いをかけた。だが、メールのヘッダー情報を調べてみても、やはりこれはグーグルの誰かが送ってきたメールとしか思えなかった。

そうしているうちに、ハリス氏はある奇妙な点に気づいた。それは、メールの送信元がグーグルの企業ドメイン内に置かれたマシンであることを証明するための暗号キーが、同社にしてはお粗末なものだということだった。この暗号キーを破ってしまえば、創業者のサーゲイ・ブリンやラリー・ペイジも含め、グーグル社内の誰にでもなりすますことが可能だった。

グーグルが送信ドメイン認証に使っていたのは「DKIM(DomainKeys Identified Mail)」と呼ばれる電子署名技術。この仕組みでは通常、セキュリティ上の理由から1,024ビット以上の長さの暗号キーを使うことが推奨されている。しかし、グーグルが利用していたのは512ビットの暗号キーで、クラウドコンピューティングの能力を少し利用すれば、容易に破ることができるものだった。

「グーグルのセキュリティがそんなに甘いはずがない」と考えたハリス氏は、このメールが採用候補者を試すある種のテスト──その脆弱性に志望者が気づくかを試す、意地悪な採用テストの一環ではないかと結論づけた。「採用担当者がやったのかもしれないし、採用担当者が気づかないうちにグーグルの技術チームが仕掛けたかもしれない」。そんなふうに彼は考えていた。

ハリス氏はグーグルのポジションに興味はなかったが、好奇心に負けて暗号キーを破り、サーゲイ・ブリンになりすまして、ラリー・ペイジに自分のウェブサイトのリンクを貼りつけたEメールを送った。以下がそのEメールの文面。

やあ、ラリー

ここにまだ未成熟だけど面白いアイディアがあるよ。

http://www.everythingwiki.net/index.php/What_Zach_wants_regarding_wiki_technology

もしくはこんなのはどうかな。

http://everythingwiki.sytes.net/index.php/What_Zach_wants_regarding_wiki_technology.

グーグルでこの人と関われるかどうか考えてみるべきじゃないかな。どう思う?

サーゲイより


ハリス氏は、ブリンとペイジが暗号鍵を破った方法を聞けるように、返信メールがちゃんと自分のメールアドレスに届くようにしていた。ただ、二人からの返信はなかった。そして二日後、グーグルの暗号キーは突然2,048ビットになり、彼のウェブサイトには同社のIPアドレスから大量のアクセスがあった。

そしてハリス氏は、自分が見つけた脆弱性は採用テストの一環などではなく、本物だと気づいたのだった。

大統領にファミレスでメシ食わすのは別にいいんだけど、そのファミレスで働いてるバイト全員の身元洗って、大抵のファミレスは大きく道路側に窓あいてるから狙撃対策してとかやってたら、たぶん高級店で寿司食うのと費用あんま変わんねえよ

576 水先案名無い人 2007/03/28(水) 22:57:37 ID:d2jOfRgr0
盲導犬の訓練で「渡ってはいけない状況」で主人が「GO」指令を出すのがある。

言う事を聞いて渡りだすと怒られる。

混乱するワンコ、「どうして!?ぼくはご主人の言う事聞いてたのに!?」

繰り返される「渡ってはいけないGO」

やがてワンコは気付く

「ただ主の望むがままに従うだけが忠義ではござらぬ。
 刃向かってこそ示せる忠義もござ候」


577 水先案名無い人 2007/03/28(水) 23:00:25 ID:NsWn2YrX0
?576
何故そこで侍になるw

ありふれた日常の出来事に
過剰な化学反応を起こし、
すべてを消滅させてしまってもいいと
直情する人間
クライマーズ・ハイ
横山秀夫著より (via shouichiondemand)
王様ゲームの開発者
twinleaves:

【画像】この注意看板が説得力ありすぎだと話題に 怖えええええwww:キニ速
友人に3児の母がいるんだけど、家事育児を一切しない旦那さんのことを「名誉長男」って呼んでます。
beber:

via 祖父の第二次大戦中の写真を淡々と貼る
asagaonosakukisetu:

攻めと守りの消火器で、万が一の時も安心だね | roomie(ルーミー)
ユダヤ人の友人に「なんで右から左に書くの?インクが手につくじゃん」とアホなことを言ったら、「インクがない時代に生まれた古い言語だからだよ」。

Twitter / 渡辺由佳里 Yukari Watanab (via jinon) (via ginzuna) (via fukumatsu) (via theemitter) (via yasunao) (via yasunao-over100notes) (via k32ru) (via pipco) (via gonfreak)

あと……筆文字は右手と筆をまっすぐに立て、左手で抑えながら書いていくから、ペンみたいに紙に右手が付くことがない。

(via yukiminagawa) (via pipco) (via do-nothing) (via squarejewel) (via tora-friday) (via poochin) (via highlandvalley) (via moja-moja) (via jun26)